ストレス一般人間関係余談悩み

被害者のつもりが加害者だった??(2019.7.17)

※以前「傷つく原因は些細なこと?重大なこと?」 という記事を書きましたが、

今回は少し心理面をうがって「傷つく」をテーマにしました。

 

「〇〇さんのひと言に傷ついた」

会話の中でこんな言葉を一度は耳にしたことがありますよね?

その言葉の発信源は、友だちだったり職場の同僚、家族などのグチの一部かも知れません。

もしくは誰かとの会話で出てきた間接的な言葉かも知れません。

それがとても仲が良かったり親しい人の言葉であればなおさら、

「なんてヒドいヤツだ!」 「傷つけられてかわいそうに、、」

などという感情もきっとわいたのではないでしょうか。

テレビのワイドショーなどでもたまにこのようなやり取りは目にしますが、

たとえ人ごとであっても“傷つけた相手”に対する嫌悪感は少なからず誰にでもわく感情だと思います。

しかし、相手によっては(例えば通りすがりの人など)ムッ😡とすることはあっても「傷つく」までには至りませんよね?

大事な人、親しい人、仲が良い人からの言葉で「傷つく」というところに着目すると、

「あの人ならきっとこんな風に対応くれるはず」

という自分に都合がいいシチュエーションと対応を望んでいるからこそ、

思わぬ言動にショックを覚える(または「私に対してそんなことを!」と怒りをも感じる)のではないでしょうか。

特に(親子や夫婦、恋人など)比較的近しい関係からの場合は度合いが大きくなります。

 

実は相手の言動が「傷つく」原因なのではなく、

自分が大事なために思い描いた理想と異なる対応に対する自分の「ココロの反応」なのです。

(例外もあるのでは?いや相手が悪いでしょ!自分に限っては、、などとおそらく認めたくない人はいらっしゃるかも笑 ちなみに自分を大事に考えることは人として必要なことです)

「傷つけられる」 ホントは自分が自分への加害者なのです😎